Logo
白内障 日帰り手術 アクセス PROFILE HOME


CONTENTS
 診療案内・施設案内
 当院で行う検査
 極小切開白内障手術
 糖尿病性網膜症
 斜視・斜視訓練
 弱視
 院長プロフィール
Logo
INFORMATION
OPEN 9:00
CLOSE 18:30


ほった眼科クリニック
安城市横山町横山45-5
0566-91-2121
手術前検査
白内障の手術を受けるときには、事前にいくつかの検査を行います。

  • 細隙灯顕微鏡検査・・・角膜や水晶体の濁りの状態を調べます。
  • 眼底検査・・・網膜や視神経の状態を調べます。
  • スペキュラマイクロスコープ・・・角膜内皮細胞の状態を確認し、角膜が内眼手術に耐えられるかを確認します。
  • Aモード・・・水晶体のかわりに入れる眼内レンズの度数を決めます。 眼球の長さ(奥行き)測定し、角膜のカーブの形状の値を用いて眼内レ ンズの度数を計算します。

白内障手術
手術は、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工の眼内レンズを入れる、という方法で行います。
当院では、極小切開対応の白内障手術機器を導入しております。

白内障手術の切開の大きさは様々で
11mm以上     嚢内摘出用切開
11〜6mm      嚢外摘出用切開
5.5mm〜4mm    超音波摘出用切開
3.2〜2.8mm      超音波摘出用小切開
1.8〜2.5mm      超音波摘出用極小切開
と分類されており、切開幅が大きいほど、手術後に炎症を起こしたり、乱視、合併症の発生、感染の可能性などリスクが高くなります。

手術の公開
ご家族の方に手術の経過をご覧いただけるよう、手術室のとなりにモニタールームを設けております。ガラス越しに手術室の様子を、モニターでは、顕微鏡で拡大された手術の様子を見ることができます。

手術前後の注意点
手術前
眼を清潔に保つため、手術前に抗生物質の点眼薬を処方しますので、手術予定の5日前より手術当日まで必ず指示された通りに点眼を行って下さい。(手術を予定している眼のみ)

手術当日
  • 昼食は普段より軽く食べてください。
  • お薬(他院の処方薬)は普段どおり内服してください。
  • 服装は襟元のゆったりしたものを着用して、貴金属類ははずしてください。
  • お化粧(眉墨も)・マニュキュアはせずにお越しください。(ヘアピン不可)
  • 指定の来院時間にお越しください。手術開始は来院時間より約2時間後です。
  • 診察券・同意書・保険証を持ってきて下さい。
  • 術後は多少の異物感を生じる可能性があります。
手術翌日以降
手術後1〜3ヶ月は、感染を防ぐために、点眼薬を使用します。
1000人に1人くらいの割合で、術後眼内炎にかかる人がいます。
  • 必ず指示通りに薬を使用して下さい。
  • 目を押したり、こすったりしないよう気をつけてください。
  • 洗顔、洗髪は1週間禁止です。ただし、あお向けでの洗髪は翌日から可能です。また、首から下の入浴は手術翌日から出来ます。
  • 仕事への復帰は、仕事内容により違いますので医師と相談して下さい。
  • メガネ処方は、屈折の値が落ち着いてから行います。(術後、約2週間)
  • 掃除などほこりのたつことは、1週間程控えて下さい。
  • その他、不明な点があれば医師にお尋ね下さい。

後発白内障について
手術後、数ヶ月〜2,3年後、再び、まぶしくなったり、目がかすむようになることがあります。これは、手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくるために起こる「後発白内障」といわれる症状です。
手術の必要はなく、レーザーで簡単に濁りを取ることができます。視力はすぐに回復します。


Copyright©2009 ほった眼科クリニック All Rights Reserved. Designed by Crysta Co., Ltd.