Logo
白内障 日帰り手術 アクセス PROFILE HOME


CONTENTS
 診療案内・施設案内
 当院で行う検査
 極小切開白内障手術
 糖尿病性網膜症
 斜視・斜視訓練
 弱視
 院長プロフィール
Logo
INFORMATION
OPEN 9:00
CLOSE 18:30


ほった眼科クリニック
安城市横山町横山45-5
0566-91-2121
弱視とは?
斜視や強い屈折異常(遠視)、生まれつきある眼の病気などにより、見る機能が妨げられることによって、視力の発達が正常に達しないことを『弱視』といいます。

【原因】
  1. 斜視弱視
    片方の眼が斜視によって、全く使われないことで視力が発達せず弱視になります。
  2. 不同視弱視
    左右の眼の屈折度の差が大きくなり、ピントを合わせやすい方の眼が優先して働くことにより、ピントを合わせにくい方の眼は使われず弱視になります。
  3. 屈折異常弱視
    両眼に強い屈折異常(遠視、乱視)があり、眼鏡等を使わず矯正されないままでいると、両眼とも弱視になることがあります。
  4. 形態覚遮断弱視
    生まれつき水晶体や角膜に濁りがある場合や眼瞼下垂、眼帯の長期間使用により、眼底に光や映像がとどかず、弱視になります。

弱視の治療
弱視治療の基本は弱視の眼を使わせることです。
屈折異常が原因である場合には、適切なメガネで矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが治療の基本となります。形態覚遮断弱視(長期眼帯使用は除く)の場合は、まず手術により原因を治療しなければなりません。

片眼だけ弱視の場合には、基本的に遮閉法を行います。遮閉法はよい方の眼をアイパッチと呼ばれる大きな絆創膏のようなもので隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。この方法はしばらくの期間、家庭でずっと行わないと意味がありませんので、ご家族の協力が必要となります。

斜視や弱視は、子ども自身が見にくいなどと訴えることは少ないことから、発見の時期が遅れることがあります。このため、少しでも気になる様子がありましたら、早めに眼科を受診し、早期発見・早期治療を心がけましょう。また3歳児健診は積極的に受けるようにしましょう。



Copyright©2009 ほった眼科クリニック All Rights Reserved. Designed by Crysta Co., Ltd.